【書評】いつも機嫌がいい人の小さな習慣/もうポジティブにしか考えられない

書評

この記事は、

・前向きになりたい!
・いい習慣を身に付けたい!
・不安や悩みを取っ払いたい!
このような人にオススメの記事です。

人の生活は45%が習慣によって成り立っていると言われています。

私はこの本を読むまでは、特に習慣として意識していたことはなく、寝る時間も朝起きる時間も遅く、ゲームやYouTubeを永遠に見るというような生活でした。

僕のように意識していないけどこういう生活になってしまうのは、それが習慣化してしまっているからなのです。

これは非常にまずい状態で、「一日が無駄になる」や「ときどき頭が痛い」、「人に強く当たってしまう」ということが、少なからずありました。

しかしこの本を読んでから圧倒的に考え方が変わりました。

・物事に集中できる
・目標ができた
・人にやさしくなれる
・どこか気分がいい

こんな風に変われたのもこの本のおかげです。

この本はchapter6まであり、この記事ではchapter3までの印象に残った習慣について紹介します。
では、ご紹介します。

ちょっとした小さな習慣

あなたの未来を変える、ちょっとした習慣

意外と身近なことや普段気にしないことを習慣化するだけで未来を変えることができます。

意識して「ゆっくりと丁寧に」動く

社会人になり、仕事に明け暮れて、家に帰ってから家事や掃除、食事や入浴などをちゃちゃっと済ませてしまうような人はたくさんいると思います。

そんな人こそゆっくり丁寧にやることを心がけるのです。意識することできれいな家ですっきりしたり、食のありがたみを感じることができるのです。

あなたは普段からの行動を意識していますか?

本書には、他にも未来を変えるちょっとした習慣が10個ほど紹介されています。

お金に好かれる習慣

お金と人間は切っても切れない関係ですよね。その分お金は意識して使いたいし、できれば安いもを選びたいですよね。

「安いから」ではなく、「本当に欲しいから」買う

主婦やおばあちゃんがセールに目がないような印象や、そんなイラストを目にすることがあると思います。というより、人間だれしも安いものを見るとつい購買意欲が高まりますよね。

しかし、安いものはそれなりに品質が悪かったり、すぐに壊れたりすることがあります

買う際には、これが安くなかったとしても買いたいのかをしっかり考えましょう

妥協して安いものを3つ買うより、本当に欲しいものを1つ買った方が、使っていて気分がいいはずです。

本当にこの通り。お金の考え方の習慣をつけるだけで、お金や買ったものがあなたの味方をしてくれるでしょう。

コミュニケーションがとれて、仕事がスムーズになる習慣

今までは直接会話することや電話でのコミュニケーションが多かったですが、今はSNSが流行り、どこの誰とでも会話したり、ちょっとした生活を覗くことができます
便利な時代ですよね、、、

むやみに自分と人を比較しない

今はツイッターやインスタグラムなどで、人の生活の一部を容易に見ることができてしまいます。

そんな世の中だからこそ、そんな人たちと自分を比べてしまい、悲観的になってしまいます。

人のうらやましいところばかりに目が行ってしまい、自分にしかない強みなどを見失いがちです。

他人は他人、自分は自分です。自分の強みを伸ばしていこうではないか!

まとめ

たったこれだけ?と思うような小さな習慣ですが、変えるだけでガラッと人生が変わります。

習慣が変われば人生も変わります。今の悪習慣を改善し、良い習慣を身に付けましょう。

習慣化の鬼になりましょう!

この本の著者

著者: 有川 真由美

化粧品会社事務、塾講師、衣料品店店長、着物着付け講師、ブライダルコーディネーター、フリー情報誌編集者など、多くの職業経験を生かして、働く女性へのアドバイスをまとめた書籍を刊行。46か国を旅し、旅エッセイも手掛ける。

作家、写真家。著書はベストセラー「感情の整理ができる女(ひと)は、うまくいく」「30歳から伸びる女(ひと)、30歳で止まる女(ひと)」「仕事ができて、なぜかうまくいく人の習慣」など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました